目に負担をかけないスマホの使い方

2 min 216 views
HN

HN

目に負担をかけないスマホの使い方

パソコンやテレビの違いは、スマホは画面が近い

テレビは2m、パソコンは50cm、スマホは20cmです。

パソコンやスマホを使いすぎると充血や

ドライアイスが起こりやすいです。

長時間近くばかり見ていると筋肉が固まり、

近視状態がつづいてしまいます。

目を負担を減らし方

スマホを10分見た後、5m以上カレンダーや時計を見るといいです。

目の緊張がゆるめることができ、目を負担を減らせます。

また、適切な物がなかったら天上でもいいそうです。

目を守る正しいスマホの使い方

スマホを操作するときの使い方

目の高さより下

涙がいきわたりやすいので

スマホの姿勢でドライ予防になります。

スマホの距離は30cmです。

動いてる状態で文字を見ると、ドライアイスの要因に

眼球を傷つける恐れがありますのでお勧めしません。

スマホの文字を読むときより目を負担をかけにくいのは

画面の明るさを落とす。

スマホのLEDライトにあり、パソコン、テレビ、車のライトにLEDがあり

LEDの波長が少なく、目の奥まで届いて網膜を傷つける可能性があり

スマホは光量が少なく目が近い分、影響が大きいです。

LEDライトを長時間見続けると網膜や視力低下の原因になります。

大人が近視がなるのは子供のころ紫外線が原因

目を作っている繊維が紫外線により硬くなる

紫外線を浴びないと目が硬くならず近視になってしまうそうです。

スマホを使うときはブルーライトをカットし目の負担を減らす。

ブルーライトは網膜に届くため、長時間見続けると影響を与える

白内障は水晶体が変色し物がぼやけて見えたり、色が変わって見える症状です。

近年白内障は若年化してきて、

ブルーライトは白内障の要因になります。

スマホで長時間見続けて疲れたと思ったらやったほうがいいのは?

目を温める

スマホを長時間見続けてしまうと、一時的な近視になります。

目が疲れた時は目を温め疲れ目を解消します。

目の毛様体筋肉は小さな筋肉のためあまり熱を持ちません。

40度の蒸タオルで15分すると目の疲れが少し改善します。

水で絞ったタオルを電子レンジで1分温めてもいいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

HN

HN

カテゴリー:
関連記事