9月の熱中症対策

1 min 70 views
HN

HN

9月の暑さ対策

減塩しすぎると危ない

塩分の吸収を早めるのは砂糖

唐とナトリウムを一緒に摂ると吸収がUPする

朝ごはんに食べるとよりよいのはアジの干物

アジの干物はミネラル成分があり、アルシウムやマグネシウムが豊富で、

汗を失いがちな、ムネラル成分を多く接収できます。

減塩しすぎると心臓と脳卒中のリスクが上がる。

塩が足りないと逆に反応してしまい、極端な塩が減ると

腎臓にアラームのようになって心臓が心拍数が上がり、心臓や脳卒中の

リスクがあがります。

塩分を取りすぎると水分を連れて血管からでてしまいます。

塩分の取りすぎで高気圧になる。

血液中の塩分濃度0.9%で保っており、塩を取りすぎると0.9%以上になり

ナトリウムから水分を集め血液の量が増え、

増えた血液が全身に送るため圧力が

かかり高血圧の原因になります。

一日の食塩の摂取基準は成人男性は7.5g女性は6.5g

お味噌汁は7.5gの5杯分(1杯1.4g)

一日塩分の摂取は平均9.9gです。

塩分を取りすぎると顔がむくむ。

体内の職分が上がると水分が必要と脳が判断喉が渇き、

顔は毛細血管がたくさんあり塩分を取りすぎるとナトリウムが

水分を連れて血管からでてしまい

細胞の水分が増え顔がむくんできます。

塩分を取りすぎると、夜中にトイレに行く回数が増えます。

 

 

 

 

 

 

 

関連記事