やめられない人の特徴

1 min 442 views
HN

HN

やめられない人は一気にやめようとする。

やめられない人は「よーしあれもこれも一気にやめるぞ!」と決意します。

やめようとした結果、3日坊主になったり、誘惑に負けてやめられません。

やめられない人は、やめることが、実は行動するのと同じぐらいエネルギーを使うことを忘れてしまいます。

自転車をイメージしたらわかりやすいと思います。

自転車は止まっていてもエネルギーは使いません。

自転車は動き出すと止めるにはエネルギーを使います。

人間には行動の慣性が働きます。

行動の慣性とは「すべての物体は、外部から力を加えられない限り、静止している物体は静止状態を続け、

運動している物体は等速直線運動を続ける」という意味です。

一度何かをはじめて習慣化してしまうと、頑張らなくてもそれほど大きなエネルギーを使わないのです。

やめられない人は失敗を引きずる。

せっかくやめてうっかりやってしまったとき、我慢できないことがあります。

例えば、ゲームをやめると宣言したあとゲームをやってしまった「でも明日からやめればいいや」と

言って、次の日またゲームをやってしまって後悔の念をしてしまうのです。

そしてなんとなくぱっとしない1日をすごしてやってしまうのです。

こういうときやめられない人は、嫌な思い出をおもうだしてしまうのです。

「あーまたやってしまった」「挫折してしまった」「三日坊主になった」とできなかったことを

一度思い出してしまうと止まりません。

「情けない」自分はできない」「あーやってしまった」など

やめられない人です。

関連記事