熱中症予防

1 min 109 views
HN

HN

一日に必要な水分量は

1・8リットル、体重×30mi 体重60㎏だと1.8リットルとなります。

体重が10㎏ずつあがると3リットルあがります。

アルコールは体温をあげる作用があり、体温を下げるため多くの水分を使ってしまい

大量に水分が減ります。

アルコールをたくさん飲んだ後水分を取りましょう。

また大量に水を飲むと足のむくみや痙攣(けいれん)を起こします。

一度に飲む最適な水の量は?

熱中症を予防するには

冷蔵庫で冷やした水を飲む。

冷水は熱量を奪い、体温を下げてくれます。

冷たい水は刺激が強いためゆっくり飲むようにしたほうがいいです。

汗は血液でできています。

血液内の水分が失われ、脳梗塞や心臓の病気になってしまいます。

水分が失われる主な原因は

汗、尿や便、呼吸で息をしながらでも水分を減っています。

人間の呼吸は一日2万回いきをしており、失われる水分は、400ml失っています。

体の水分はたった3%で水分が失われます。

睡眠時は長時間水分補給ができないため、脱水症状になりやすいです。

ビールやコーヒーの利尿作用がある成分は避けておき。ジュースなど、

糖分を含むものは睡眠の妨げになりますので、水が望ましいです。

寝る前により飲んだほうががいいのは

寝る前は軟水を飲んで体を休めたほうがいいです。