ハチミツの成分がウィルスを撃退

1 min 443 views
HN

HN

ハチミツの成分が細菌とウィルスを撃退

ハチミツは1日おおさじ1杯30g

ハチミツと生姜と酢です。

生姜はジンゲロールは殺菌作用が強い

酢は酢酸が殺菌パワーを持っている

マヌカハニーのここがすごい

マフカハニーは殺菌パワーがスバ抜けて高い

殺菌能力がハチミツの約8倍!

胃がんの原因ピロリ菌を排除するメチルグリオキサール

メチルグリオキサールはピロリ菌を撃退するパワーを持ちます。

ただマヌカハニーは高価なのでそばハチミツがいいです。

ハチミツの血管を老けさせないパワー

肥満者が砂糖の代わりに

ハチミツを1日70gを1か月とった結果。

血中の悪玉コレステロール値は

砂糖+24.%ハチミツ-5.8%です。

ハチミツのフラボノイドに血管を老けさせないパワーがあります。

ハチミツのフラボノイドは血管を詰まらせる原因となる悪玉コレステロールの酸化を防ぎ血管を広げ血流を改善し良くしてくれます。

血管を老けさせないパワーがハチミツとコーヒー

コーヒーのクロロゲン酸が血中の悪玉コレステロールを減らし動脈硬化をダブルのパワーで

予防してくれます。

ハチミツをとるタイミングは

朝、エネルギーになり元気になる。

夜、血管が気になる人におすすめ。

ハチミツのフラボノイドで骨密度が上がる!

マレーシア大学で行った実験ではマウス6週間ハチミツ酔とカルシウム水を与えた結果、

より骨密度が上昇したのはハチミツ水でした。

フラボノイドは骨を破壊するのを抑えて骨代謝のバランスを整えます。

人間にも同様の効果が期待できます。

 

 

 

 

HN

HN

カテゴリー:
関連記事