お風呂の正しい入り方

1 min 40 views
HN

HN

お風呂は健康にいい

血管を丈夫にしてくれる温度は40度と入浴時間は10分です。

血管を丈夫にしてくれるt-paを増やしてくれます。

入浴前に飲んだほうがいいのはコーヒー血行促進の効果がさらにUP

お風呂上りは牛乳がおすすめビタミンAが乾燥肌を予防し、

ミネラルやたんぱく質が脱水症状を防ぎます。

血管を丈夫にする炭酸系の入浴剤と塩風呂でニ炭化酸素毛細血管を、

促進し炭酸ガス皮膚から浸透し毛細血管を拡張します。

お風呂で脳の低下を予防

脳がリラックス状態にあると副交感神経がアセチルコリンが増加します

アセチルコリンをお風呂で増やすには歌を歌う

歌を歌うと呼吸回数が増え、副交感神経がよりリラックスされ、脳内のアセチルコリンが

増加します。

入浴中音楽を聴くだけでもリラックス効果が高まります。

脳を老けさせない

足の裏をマッサージすると血液が全身にめぐります。

認知症に期待できる入浴剤はゆずです。

ゆずに含まれるリモネンによってアセチルコリンの減少を制御します。

アセチルコリンは年齢の低下により減少します。

運動したあとにお風呂に入るタイミングは

1時間後にはいることがいいそうです。

ぐっすり寝るためにはお風呂に入るタイミングは寝る2時間前

お風呂に入った後は、脈拍が上がり、興奮状態となり、なかなか寝付けないです。

入浴中に体温を上げるためもっとも洗う場所は背中

乾布摩擦で体を動かすとき、全身に血液がめぐり体が温まります。

 

 

 

 

 

 

 

HN

HN

カテゴリー:
関連記事

1 件のコメント